FC2ブログ

HAJIMEX社員の活動日記

福岡県久留米市を拠点に活動する有限会社HAJIMEXの社員が綴る活動日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知的財産のセミナー出席のお話し ~その2~

昨日に引き続き、今日も知的財産についてのお話しです。

このセミナーは我が久留米市(といっても私の住所は久留米ではないですが・・・)にて、定期的に無料で開催されています。一番直近の開催時は、行けなかったのが残念ですが、以降は是非参加して行きたいと思っております。

今回は2回目の参加時のお話しになります。

前回もでしたが、真打ちが登場する前に、だいたい前座的な意味合いで、講座が始まるのですが、基本的にメインの講師以外で為になった事は、殆どありません(言い過ぎかもしれませんが、私の率直な感想です)。

『前回も』と書いている位ですので『今回も』そうでした(笑)。

まあ、真打ちである、国際特許事務所を経営されてる講師の方は、話し方もテキパキとしており、内容も面白い物ばかりでした。大規模な会社の買収の際に起こったトラブルについても、非常に面白かったです。

共同研究(産学協力体制)を行ってきた際に、大学の先生が知らない間に、競合他社とも契約をしていたという話しも面白かったですね。最後の決着はあみだクジだったとの事でしたが、これは脚色があったのかもしれませんね。

ライセンサーとライセンシーについても、言葉的にはほぼ始めて聞く感じだったので、参考にもなりました。
ちなみに、

 ライセンサー:特許、商標を保持していて、その実施権を許諾する側
 ライセンシー:実施権の許諾を受ける側

となります。これは実は知的財産用語という事みたいです。

実際には、国際的なライセンス契約というとピンと来ない物がありましたが、セミナーを受けてみて、ライセンス契約を行う際には、充分な知識がなければ、弁護士を立てて進めなければならないという事を強く感じました。

国際特許事務所の先生が講師だったので、そういう理解で間違い無かったのでは?と思ってたりします。

次回からは、セミナー編ではなく、通常の思いついた話を書いていくと思います。

それでは、また次回~^^ノシ

有限会社HAJIMEX(ハジメックス) 更新者:社員Y
スポンサーサイト
  1. 2009/12/16(水) 21:38:57|
  2. セミナー報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知的財産のセミナー出席のお話し ~その1~

前回の流れを引き継いで、セミナー出席日記第2弾の知的財産にかんするセミナーに出席した際のお話を書いてみようと思います。

実際に出席したのは去年なので、記憶が曖昧な部分はご愛嬌といういう事で^^;


知的財産・・・こう言われると、一瞬何の事なのか分からない方も多いかと思います。
wikiから引用しますと、

 >>知的財産権(ちてきざいさんけん)は、有体物に対して個別に認められる財産権とは異なり、無形のもの、
 >>特に思索による成果・業績を認め、その表現や技術などの功績と権益を保証するために与えられる財産権の
 >>ことである。知的所有権(ちてきしょゆうけん)とも呼ばれる。

となります。簡単に言えば、自分が考えた物が有益であり、それに対して、その権利を保障する物になります。
もっと柔らかく言えば、アイデア商品を発明した際に、それを後発者が真似する事を守る権利ですね。
というか、中々一言では簡単に表せなかったりですが・・・

今回はこの知的財産に関するセミナーに出席した時の話です。

弊社はソフト系・ハード系での商品開発や、食品のOEM生産等も行っております。
ある画期的な物を開発して公開した場合、それが優れている物と判断されれば、他社もどうにかして食い込んできます。酷い場合には、そのまんま同じ物を製作・発表され、それが大手メーカーだった場合ならば、それこそ『うちが開発したオリジナル商品です!』という顔をしたりします。弊社がそういう事をされた訳ではありませんが、ビジネスの世界では有り得る話しなのです。
その様な場合に対して、効力を発揮するのが、知的財産権となるのです。

実際にこのセミナーで聞いた話しですが、ある製品を開発した会社が雑誌等に広告を展開して、世の中に認知されてきた頃、他社が同じ様な製品を作り、それも安価で販売してきた為に、充分な利益を得る事も、ままならなかった。という件がありました。その製品の内容というのは、どなたでも見たことがあるであろう、植物を育てる際に、アンプルの様な形をした土に挿して、養分をまかなうというアレですね。

元々開発をした会社についても、知的財産権の登録をしておけば、こういう事にはならなかったでしょう。本当に怖い物ですね。

逆のパターンで、自社でオリジナルと思って開発した商品を販売していて順調になった頃に、実は既に同じ様な商品を登録していた別の会社から、特許使用料の請求が来た。なんて話しもありました。

今現在インターネットが普及し、沢山の情報を簡単に取得出来る様になりました。
しかし、その分、気をつけなければならない事も増えてきました。プレゼン用のドキュメントに画像が必要だから、ちょっと探してきて使ってみた・・・。本当にそれは使っていいのか?著作権は?意匠権は?等、様々なキケン(というと語弊がありますが)と隣り合わせだったりします。

しかし、微妙な点もありまして、全くのオリジナル商品じゃなくても、知財登録が可能という点もあります。
簡単に言えば、ホウキとチリトリはそれぞれがオリジナリティが無いが、それを組み合わせた物ならば登録が認められる可能性があるという事である。(例えが小学生レベルで申し訳ないですが・・・^^;)

何にしろ、これからのビジネス(特にベンチャー企業)には、商品を守る為に特許というものが必ず関わってくるのだという事を認識させられたセミナーでした。

~その2~ へ続きます。

有限会社HAJIMEX(ハジメックス) 更新者:社員Y
  1. 2009/12/15(火) 22:04:13|
  2. セミナー報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEO関連セミナーに出た時の話 ~その3~

いよいよ3週目となる第3回目に出席した際のお話です。

今回はキャッチコピー講座と、写真撮影入門でした。
商品1つ1つにキャッチコピーを付ける事で売り上げを伸ばすという方法論でり、ある商品について全員でキャッチコピーを考える等、楽しいセミナーでしたね。

売れる価格帯についても、何故か『高・中・安』の3価格があったら『中』から売れる。とか、売りたいアイテムには在庫が多くあっても『残り僅か!』で煽る事等の話しもあった。

そんな中で出た言葉で、コーポレートコピーとアイテムコピーというのがあり、それぞれをしっかりと設定する事が売り上げのコツという話が挙がった。
結局は会社としてのキャッチコピーと、商品のキャッチコピーですね。これは確かにしっかり考える必要があります。弊社も販売サイトを持っており、また、よかもん市場というショッピングサイトに加入しております。

ここで、頭が痛いのが、ショップページまでは訪れてくれても、商品ページまで誘導できないパターンです。
出来れば訪れた方全てに商品を見てもらいたいのですが、中々スルーされる場合が多いのです。これを解消する為には、キャッチコピーや写真をインパクトあるものにしなければなりません。現在その辺りも進めておりますが、中々進捗が上がらない状況になってます。

話が逸れましたが、午後からは写真撮影入門で、講師がニコンのD40(だったかな?)というデジタル一眼レフを持ち込んできてました。私はコンデジを持っていってたのですが、コンデジは直線がうまく映らないという事を指摘されていた。まあ、デジタル一眼レフじゃないと話にならないよ!って結論だったんですけどねw

そんなこんなで、3週に渡って出席したセミナーでしたが、非常に有意義な物となりました。

このセミナーでブログからのリンクがSEOで一番手っ取り早く、効果ある!という事を聞いたんです。
だから、こうして書いてる訳なんですよw

元を正せば、このセミナーに出てなければ、ブログを書くことも無かったのかもしれません。

私自身には、非常に為になったのですが、3回に分けて書くほどの記事だったのかは、みなさんが判断して下さい。


次回は、予告してました著作権セミナーに出席した際の話でも書いてみようかと思ってます。

有限会社HAJIMEX(ハジメックス) 更新者:社員Y
  1. 2009/12/14(月) 18:49:54|
  2. セミナー報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEO関連セミナーに出た時の話 ~その2~

そうこうしながら、1回目が終了して、次の週に第2回目が開催されました。

今回は午前中にゲスト講師として、実際の店舗を運営されている方が、ネットでの販売を行なって、売り上げUP!という話しがありました。

まあ、これについては、私はあまり参考にはなりませんでした。素人さんがどうやってホームページを作っていったか?的な『プロジェクトX』みたいな話しな訳で、そうは言っても、ドラマティックな展開がある訳でもないしですねw(当時のこの講師の方、申し訳ござません m(_ _)m)

で、午後からは前回の講師の登場でとなります。

今回も初耳でしたが、感心をしたのが『色温度』という言葉ですね。
色には温度があり、暖かい色、寒い色があるわけです。こう言われると想像がつくかもですが、

 赤:暖かい色
 青:寒い色

という感じですね。食品等を取り扱うページには、赤や黄色を使った方が良いし、貴金属や宝石等を扱う場合には、青い色をベースにした方が良いらしいです(←これ重要です)。

自社のイメージカラーもあると思いますが、それに反してでも、取り扱い商品のページ等には、上記に従った方が良いみたいです。

コンビニでも、セブンとローソンの差は何故ついたのか?それは制服の色という説も有る位です。
青色はどうしても銀行の様な硬い(寒い)イメージの色であり、緑色は暖かさがある色だからという事ですね。

表現を行う際に、一番てっとり早い色について、色々と考えさせられたセミナーでしたね。

~その3~ へ続きます。

有限会社HAJIMEX(ハジメックス) 更新者:社員Y
  1. 2009/12/13(日) 21:50:05|
  2. セミナー報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SEO関連セミナーに出た時の話 ~その1~

今から2年ほど前に、タイトルの様に、SEO関連のセミナーに出席した事がありました。

その時の模様等を含めて、3回開催されたセミナー同様に、その1~その3として、記事をUPさせよようかと思っております。
(予告の著作権の話しはまた今度で ^^;)

このセミナーに参加する時点で、HTMLという物については理解をしていたいし、その他の動的ページ生成であるPerl、PHP等も当然理解しておりました。しかし、この会に出席した事で、その根底が覆される事になります・・・

元々技術先行タイプの私としては、言語系を駆使して物を作り上げるタイプでした。

そんな中、このセミナーの講師は、

 タグは使うな!
 見た目み関しては全てスタイルシートで行え!

と、言うのです。

今でこそ、理解は出来ますが、当時はテーブルで『左上から右下へ』向かって、コンテンツを配置させるのが普通でした。

それを、HTMLは、
タグで区切って、配置等は全く意識せずに、ダラダラ書いていくのです。

何度も言いますが、今では理解できますが、当時は、これはかなり衝撃的でした。
当時の勉強不足を露呈している記事になっておりますが、本当にそう感じました。

で、そのバラバラに書いたHTMLをスタイルシートで整えて、綺麗に表示させていました。
他の参加者も居るので、冷静を装いながらも、本当に『すげ~』と感心したものでした。

この講師の方、年間300日出張をしてセミナー等を開催しているとの事で話し方も、進め方もとても上手かった。

しかし、参加者のレベルがバラバラだった為、質問をしまくる方が居たりで、予定分まで進められなかったのが残念だったのを覚えている。

この質問魔とは、また別のセミナーで出会う事になるんですけどね ^^;

~その2~ へ続きます。

有限会社HAJIMEX(ハジメックス) 更新者:社員Y
  1. 2009/12/12(土) 20:38:55|
  2. セミナー報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

HAJIMEX)社員Y

Author:HAJIMEX)社員Y
有限会社HAJIMEXの社員が綴る、活動日記へようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
今日の食事 (431)
IT関連 (169)
活動日記 (49)
考察日記 (28)
iPhone関連情報 (52)
ソフトウェア紹介 (12)
セミナー報告 (5)
その他雑記 (232)
サイト紹介 (21)
映画感想記 (5)
釜山研修記 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。